ステロイド

最近ご質問が多いので、お薬のステロイドについて,出来るだけ分かりやすくご説明いたします。

まずステロイドとは何か?
ステロイドホルモンのことですが、人間の体の中で合成され分泌され各細胞に作用する化学物質のことをホルモンといいます。
ホルモンは何種類もありますが、ホルモンを組成の違いから分けられたものがステロイドホルモンで、副腎という器官で作られる副腎皮質ホルモンを人工的に合成した薬剤の商品名が、プレドニンなどと呼ばれているものです。

それではこの副腎皮質ホルモンとは何か?
①抗炎症、抗免疫、血糖値の上昇、血圧上昇、血中脂肪酸上昇を行うホルモンで、その中の特に抗炎症、抗免疫作用を期待して、各種アレルギー性疾患に使われるものです。
ですからアナフィラキシーショックなどの急性アレルギーで、血圧が下がったときとか、呼吸困難になったりとか命の危険があるときに使用される薬剤です。

本来、ホルモンというのはいろんなホルモンが相互に作用しあい、例えば副腎皮質ホルモンならば、副腎皮質刺激ホルモンという上位のホルモンの調節を受けていて、このように、血中にホルモン濃度が足りないなら補い多すぎれば少なくしたりと自動で調節されています。このように体の働きのバランスをとるものなので、ですから、この薬剤がいろんな体の作用を調節しているので副作用も多く取り扱いが大変難しい薬剤なんです。

ですから長期にわたって服用しなければならないときには、お医者さんと十分に話し合い服用するように心がけましょう。

鍼灸治療は、西洋医学とは違い、足りないものを外部から薬剤として持ち込み投与して補い改善させようとするものではなく、本来人間が持っているものを活性化させて、正常になるように治療するものです。

いしばし鍼灸治療院




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0