腰痛肩こり

台風が去ったと思ったら、今度は大雨ですね、皆さん被害はありませんでしたか。

この時期体の不調を訴えられる方が多いです。
東洋医学では、この雨や気圧の変動がある時期のことを、(湿淫)(風淫)といい、六淫の一種で病を起こす発病因子という考えがあります。

この、湿淫、風淫という外からの影響で、体の中の病理変化が起こり内生の内風、内湿といったものと密接にかかわってきます。

症状としては、重くしめつけられる、体がだるい、発熱、風が嫌い、皮膚がかゆい、咳が出る、痛みの場所が動く
といったものです。

こういった症状があったら早めに治療しましょう。
鎮痛剤だけだと薬が効いている数時間だけですが、鍼灸治療で原因を取り除きすっきりし、起こりにくい体質を根本から改善しましょう。

いしばし鍼灸治療院

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0