逆子の治療

今日、治療を始められて約10日のお母さんが、前回の32週の検診で逆子が治っていましたと治療にお見えになりました。
やはり妊娠週数が早いと短時間でほぼ改善するようですね。

逆子が治った後も、安産の灸でもあるので、36週までお灸をしていくと赤ちゃんも安定しますし、お産も軽くなるはずです。

お母さんの笑顔を見てるとこちらが幸せを分けていただいているようです。
鍼灸師になってよかったなぁと思える瞬間です。

いしばし鍼灸治療院

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0