アキレス腱痛

今回はアキレス腱痛です。

やはりマラソンなど陸上競技をされている方に多いのが筋肉や腱の疾患ですね。
その中で代表的なアキレス腱痛の話をします。

まず、アキレス腱が痛む場所は、だいたいふくらはぎに近い場所、アキレス腱の中央、かかとに近いところ、に大別されますが、陸上競技に限らず怪我をする所としては一番多い部位です。

病院ではとにかく運動禁止、安静に、冷却、を指示されると思いますが、それも大事なことなんですが過度の安静をすると足首の可動域の減少や疼痛の原因になったりして結果的に障害が残ったり復帰が遅れたりします。
こういう怪我の治療は最初が肝心なんです。

では、どういうことに注意して治療をしていったらいいかと言いますと、炎症が起きている間、具体的には安静にしててもズキズキするような痛みが続く場合、熱がある場合、腫れている場合はご家庭では冷やしておいてください。
この間は、病院や接骨院では治療を施すことはないと思いますが、
大事な競技までに時間がなく早く治したいとかいう場合、とにかく事情があり休めないという場合には鍼治療が最適です。
どういうことをするかと言うと、他の急性疾患にも共通するところですが、アキレス腱痛の場合ふくらはぎの腱ですからまずふくらはぎがパンパンに張っていると思いますのでそこに施術をします。
ふくらはぎの張りだけが原因とは限らず、ハムストリングスの張りだったり、股関節の張りだったり、あるいは仙腸関節、胸腰移行部だったり原因は様々ですから体全体を見て原因部位に治療をしていきます。
それと並行して、鍼灸には全体の血流を調整して患部に充血を起こして腫れている場合血流を調整して他の場所に誘導させるという技法もありますので腫れや痛みを静め早く復帰させることができます。

来た時よりも確実に痛みが引いているのはそのためです。
たかが鍼ですがされど鍼です。

鍼灸と言うのは古臭いと思われる方もいらっしゃると思いますが、いろんな形で応用が利く現代にあった治療法です。
鍼を刺したり灸を据えることで、痛みを取ったり腫れを静めたり表面から電気治療やシップなどでは届かない深い患部の血流を良くしたり、鍼でなければできないことがたくさんあるんですよ。
たかが鍼ですが奥は深いです。(^o^)

いしばし鍼灸治療院

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0