膝痛

今回は膝痛です。
いよいよマラソンのシーズンですけど、マラソンランナーで多い膝痛とその対処の仕方です。

一番多いのが脛の内側の痛み、シンスプリントや後脛骨炎、骨膜炎などと言われるものです。
次に、足底の痛み、膝まわりの痛みですね。

まず、ここらに故障が出るという事は、筋力不足、走り方の問題、ケア不足などが考えられます。
痛みが出てから筋力不足の問題の解決には時間がないですから、ケア不足に関してお話ししたいと思います。

練習の前には十分にウォーミングアップを行ってくださいね、長距離の練習の場合、走る前は軽く関節のウォーミングアップをやってください。
①肩、腰、股関節、膝、足首です。しっかりと回して可動域を確保してください。
②徒歩から初めて、少し温まったかなと思えたら少しづつジョギングに移り目標の距離時間を走りましょう。
③目標の距離時間を走ったら必ずクールダウンとして歩きましょう、10分以上はやってください。
④クールダウンをやった後、呼吸が整ってからアイシングをしましょう。(必ずしも氷水じゃなくてもいいです、ただの水でも十分です)シャワーでもバケツの水でもいいですから、冷たいから痛い感覚が鈍くなったらやめていいです。冷やし過ぎると凍傷になりますからね、程々に!要は筋肉の熱を取ってあげればいいのです。
一度熱を取ってあげれば、後は温めても大丈夫です。
お風呂に入った後も出るときに水をさっとシャワーで足にかけてやると次の日楽になりますよ。(^o^)

不幸にして痛みが出たときには鍼治療に来てください。筋肉の疾患にはシップだけでは間に合いません。筋肉の中まで届いて血管拡張作用がある鍼治療で痛めた筋肉に栄養と酸素を送って修復を早めてやりましょう。

いしばし鍼灸治療院

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0