腰痛 ④

今回は、脊柱管狭窄症のお話しです。

この病気の症例も最近よく聞きます。
どういった病気か簡単に説明しますと、脊柱管と言いうのが狭まって神経や血管を圧迫し足のしびれや冷え痛みなどを伴う病気です。

大きなくくりで脊柱管内が狭まって起こす病気ですね。
ですから、生まれつき骨に変形がある方や変形性脊椎症や椎間板ヘルニア、後縦靭帯硬化症や黄色靭帯硬化症なども大きなくくりでいうと脊柱管狭窄症になります。

いろんな病気が原因で脊髄、神経が通る管が狭まって引き起こす病気という事です。

ですから症状もその人によりさまざまで、前に屈むことはできても後ろに反らすことができないとか、又はその逆だったり、運動しているときはいいんだけど、寝てる時が痺れが出るといった具合に様々です。

症状が日常生活に支障が出るようであれば病院では手術を勧められると思いますが、ヘルニアなどと同じように、必ずしも治るとは限りませんし、実際術後思わしくなく来院される方もおられます。

まずは鍼治療で筋肉の過緊張を取ったり、リハビリや筋力アップで脊柱の安定に努め改善されなければ手術を考えればいいんではないでしょうか。

一度相談してみてください。

いしばし鍼灸治療院

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0